前へ
次へ

弁護士の無料相談を利用するには

弁護士費用が高額であることはよく知られています。そのため、困っていても相談することすらためらう方も少

more

弁護士費用については

弁護士費用はこれまで報酬規定に従ってある程度一定額になると思われていました。最近ではあまりの差が生じ

more

税理士法は無資格者の業務を禁じています

税理士法では税理士の資格を有する人でなければできない業務を定めており、無資格者がその業務を行うことを

more

自己破産する際のマイナス面

自己破産のマイナス面として、 自身が持っている財産の強制的な処分があります。自己破産は、支払義務免除ですから、財産があれば処分することが求められます。 高額なキャッシュ、20万円以上の自動車などは処分することが欠かせません。また、価値自体が20万円に満たないケースだと、対象とならず、保持することができます。そして、家などは対象になってしまいますが、家具や家庭用電化製品など、生活を送っていくため最小限度欠かすことができないものは差押禁止財産という形で維持されます。自動車ローンなど、クレジットカードの分割払いを利用することによって買い求めたもので、依然として支払が終了していないものは、価値とは関係無しで、基本的に、クレジット会社により回収されます。 これについては、所有権留保ということで、支払いがフィニッシュするまで物の所有者がクレジット会社になります。ただし、古い車など市場価値が低い場合、クレジット会社が放棄し、そのままの状態で持つことが出来るケースがあります。そして、保険にあたってはそのままの状態で加入出来ますが、解約返戻金が資産と扱われます。解約返戻金が20万円オーバーの場合、車と同じように対象となることから、解約した後解約返戻金を債権者に向けての弁済へと充当することになります。

早期事業改善といった経営支援も行っています

経営改善を税務面からサポートいたします
経営上の課題にも最適な解決方法をご提案いたします。

新検査基準に対応したPマーク取得が可能な東京のコンサル会社
最新の検査基準に対応しているので、顧客から高い信頼性を得られます。

堺にある駅から徒歩3分の場所にある弁護士事務所

交通事故の時に賠償金を受け取れるようお手伝いいたします
保険会社から適正な損害賠償金を得られるよう、交渉をしてくれます。

その他、高年齢や持病など事情があって、解約すると保険加入が難しく、生活に差し支えが出る場合は、裁判所が解約免除してくれることもあります。そのような時、裁判所より解約返戻金と同じ額を現金によって積立することを求められます。また、官報によって公告されることになります。官報は、国が発行する新聞に近く、法律制定などを公告するものです。そして、破産の手続をすると、官報に、手続の中身などが掲載されることになります。 しかしながら、職場が周期的に確かめている場合でない限り、一般の人が見ることはないといえるでしょう。

Page Top